いびつな走行


いびつな走行が、第2市で制介した、タイヤの極端な消耗を引き起こすのです。

ほかにも、リヤフェンダーやトランクパネルなど、大きなハーツには、パネルとハネルがきっちり量産されていないケースが多く、雨漏りによるサビなどの原因になります。

このように、修理はさまざまなトラブルを引き起こす可能性が向いるのです。

しかし、修復箇所のすべてが、上記のような不具合を抱えているわけではありません。

修復に定められている部分によっては、完全に修似できる余地があるからです。

次では車の波及と合わせて、修復箇所を分けるて解説したいと思います。

車の構造はドライパーの安全を考え、事故による衝撃を全体に逃がすようになっています。

したがって、衝撃の波及に沿って修理跡を点検すれば、その事故がどの程度のものだったか判断できるのです。

1.衝撃の波及は車全体に

修復を見つけるという作業は、点検した、キズやへコミを見つける作業とは似て非なるものです。

なぜなら、大きな事故の場合はパーツを丸こ と交換するといった大掛かりな修理になるため、キズやへコミといった痕跡を銭さない場合があるからです。

ですから、大きな一般の傷跡を見つける時は、各パーツの溶接面を見て、そのパーツが事故により交換されたかどうかを判断することになります。

加えて、修理跡が広範囲に渡っているかどうかを確認するのも、大きなポイントです。

多くの竹柏は、モノコックボディー(箱型梢造ボディー)となっており、全体に波及するしくみになっているからです。

モノコックボディーの特徴を全体にうまく分散している構造にあります。