中古車情報


(トップページ) >中古車情報


ただし、沢山あるということは、隣の人も同じ車を持っているケースも多いわけでだからトヨタは嫌だという人もいる。今の時代、自動車だけでも他人に差をつけたいと思っているから、トヨタの車がいいのが分かっていても、自分が平凡に見えるような気がして他社の珍しい車にする。だが、多いことはけして悪いことではない。まず、それだけ多くの人に支持されている車が悪いはずはない。その安心感に加え、例えば、売れていない車では見過ごされる不具合も、売れている車ではすぐにチェックされて対策が講じられるからユーザーは損をしない。仲間が多いほど、自動車の場合はメリットが多いものだ。大量生産車はそれだけ薄味だろうかさて、一般には、専門レストランでないところの料理は一味工夫が足りないとも言われる。ファストフードチェーンとかデパートの食堂などがそれだ。自動車もただ走ればいいのだろうか。かってのトヨタ自動車のイメージは確かにそういうところがあった。できるだけ大量生産に向いた設計で、手のこんだことはやらない、という経験至上主義がまかり通っていたように記憶する。今でも伝統あるョ-ロッパのメーカーにはその傾向は強い。しかし、今のトヨタの商品計画は全く違い、その深謀には凄みさえある。ちゃんと将来を見通した上で次々と新しい技術を出してくるからだ。


    よく一緒に読まれている記事