中古車 ダイハツ


(トップページ) >中古車 ダイハツ


ブレステイジ・カー豪華車、という格つけがこの際は必要である。なぜなら、高価迩車を買う人の期待は少なくとも「最高の乗り心地」だからである。ところが、最近では西ドイツ車の影響で、世界中で高級車イコール高性能車になりつつあるから、重厚なセンチュリー、セルシオ、クラウンでも「最高のロード・ホールディング」が要求される。そこが問題である。そのために、トヨタのプレステイジ・カーでも、それを両立させるために複雑な「ダブル・ウィッシュポーン式」サスペンションを採用し、乗り心地の確保のためにはエア・サス(空気バネ)まで採用している。ただし、マークⅡまで含めて、これらの上級車はいずれも後輪を駆動するFR車である。しかも、豪華装備をするために車体重量が1.5トン以上もある。したがって、乗り心地に関しては重い車ほどバネより上の車体が脚の振動を吸収してくれるから有利である。それでも、トヨタの悩みは古くからクラウンで育った国内ユーザーが、少し安定性能を上げるために硬くするとすぐに文句を言うことである。そザーが、少し{のため、同じセルシオでも国内仕様はョ-ロッパ輸出用のレクサスよりずっと柔らのため、同じ・かくしている。このプレステイジ・カーでも、高性能を保つため、また超高速の安全性を高めるためには㈹シリーズなどの高性能タイヤを採用している。


    よく一緒に読まれている記事