中古車 ディーゼル


(トップページ) >中古車 ディーゼル


ミディアム.実用車がって、サスペンションの形式についてはそう凝ったものはない。FF車の場合リア・サスペンションが比較的簡単になるからである。現在、使われているものは、前輪がマクファーソン・ストラット方式、後輪はデュアル・リンク+ストラット・ロッド方式の独立懸架で、これはカローラなどでも共通の方式をとっている。つまり、サスペンション・メカニズムはあまり問題ではなく、モデルごとのチューニングで味付けが変えられている。したがって、このクラスでは完全な実用向きと、スポーツ・セダンでは構造的には似たものでも、乗り心地、安定性は相当差がある。とくに、操縦性に差がつくのはタイヤで、タイヤ・サイズとタイヤの性格が大きな違いを演出している部分である。同じモデルでもオプションの上級タイヤではまるで性格が変わる車がある。うっかりした試乗レポートではタイヤ評論になりやすい。実用車の乗り心地、操縦性を左右するメカニズムに「ショック・アブソーバー(ダンパーとも言うこがあるが、近年、トヨタ車ではスポーツカーでなくても性能が格段に向上している。低速で細かい振動を吸収し、コーナーでの腰砕けを防止しているので運転も楽になった。


    よく一緒に読まれている記事