中古車 ディーラー


(トップページ) >中古車 ディーラー


④〈強制的に手動でギア・ダウン〉エンジン・ブレーキ、スポーツ走行″下り坂のエンジン・ブレーキ、またはスポーツ走行などで下のギアで走りたい時は、一瞬アクセルを緩めてセレクターのレンジを手動で変える。普通のギア・ダウンと同じことがノー・クラッチで行なえる。.走行モードの選択.トヨタの電子制御ATでは、走行する条件に合せて〈エコノミー〉〈パワー〉〈マ’一ユァル〉の変速モードが選択できる。走行中に操作して構わない。〈エコノミー〉は日常の使う変速モードで、これが標準の性能である。〈パワー〉はエコノミーより変速時期を遅らし、高回転まで加速する。同時に、キック・ダウンも高回転側でダウンする。〈マニュアル〉は、自動変速をしないモードで、山道、雪道走行など2レンジで続けて走りたい時、雪道で静かにセカンド発進したい時などに使う。以上のノウハウが分かれば、トヨタのオートマチック車を扱うにはどの車に乗っても安心である。一般に、オートマチック車は運転していて「自分で運転している気がしない」と言う人が多いが、このような自動変速や、半強制的な操作を知らないからだ。大体、自動変速だって、エンジ’一ァはできるだけマ’一ユァル車に慣れたドライバーの習性に合せて行なわれるように考えている。問題は、ノー・クラッチの分だけ「自分の意思をアクセル・ペダルで表現する」。このことを忘れてはならない。AT車では貴方のアクセル・ペダルの命令でチェンジしている!!


    よく一緒に読まれている記事