中古車 ボルボ


(トップページ) > 中古車 ボルボ


トヨタ車でもっとも悪いポジションは、ハンドルを胸で抱いているような近すぎるスタイル。今のステアリングは、角度が調節出来る(チルト・ステアリング機構)ものが多い。短足の人はやや平坦に、足が長く後ろに座る人ほどハンドルの面が立てられる。ただし、一杯に立てると直角に近くなる車もあり、これでは細かい切り角の調節がやりにくくなる。ハンドルを握る位置は自由だが、ショックに備え必ず片手は親指を乗せるようにして握っていたほうがいい。太いハンドルを丸握りすると、細かい調節ができない。なお、チルト・ステアリングを調節したら必ずしっかりと締めておくこと。また、シートについたら必ず発進前にシート・ベルトをしよう。シート・ベルトの考え方は、むしろ低速の時の事故で100%効果があると考えること。高速道路のスピードでの事故では、シート・ベルトの衝撃吸収と身体の耐えられる限度を超えていることが多く、ベルトだけに頼ることはできない。世間では逆に考えている人が多いようである。


    よく一緒に読まれている記事