中古車 売却


(トップページ) > 中古車 売却


V6トヨタは日産がV6を採用した時はあまり積極的ではなかったが、FF車で横置3気筒ずつV字形に配置した6気筒。直列6気筒に較べ長さでは短くなるので、F.なるので、FR車ではフードが短くなり、FF車でも横向きに搭載できることが特徴。きのビスタ/カムリ用に限ってV6を採用している。これはエンジン・ルームの横方向のスペースが限られるからである。同じ2″でも6気筒になると振動はスムーズになるが、V6には特有の低速振動がつきものでそれをうち消す技術が必要である。当然、直列4気筒車より車の前部が重い。直6直列に6気筒の配列。120度の等間隔で爆発するため機械的にもつともバランスがいいといわれている.前後方向にスペースをとるのでFF車には横に搭載出来ない。トヨタの上級車のエンジンは1965年のクラウン2″から直列6気筒が伝統となっている。この伝統を守ったM系のシックスは、ついに3″のDOHCの7MIGまで発展した。それがソアラなどだけではなくクラウンにまで搭載されている。このビッグ・シックスは重厚で、粘りが特徴だったが、すでに世代交代のため1990年から新しいショート・ストローク設計のlJZ型2.52が登場した。


    よく一緒に読まれている記事