中古車 札幌


(トップページ) >中古車 札幌


だが、スポーツカーの場合は性能の目標をヨーロッパの超高速で設計すれば、日本の道路で走る性能も多分満足するだろう。例えば、タイヤのサイズとか、ブレーキなど性能を高くすると実用レベルではだれにでも安心して操縦できるスポーツカーになる。ところが、国内仕様で西ドイツ並みのサスペンションの硬さにしたら乗り心地に文句が出てくる。乗用車の場合なら中をとって乗り心地に妥協できるがスポーツカーでは操縦性も大事だ。そのため車によってはヨーロッパに輸出するモデルよりも手がかかったエアサスなど日本人のデリケートなフィーリングに合わせることもする。乗り心地が一番分かりやすいが、このフィーリングはアクセルペダルの重さ、クラッチをつなぐ時のフィーリングから、直進時のハンドルの手応え、ブレーキの効く感じなどである。これが味付けであり、テストしているうちにトヨタでは結局万人好みに直される。それがメーカーの特徴といっていいだろう。もちろん、自動車には「車格」というものがあり、100万円の車と、300万円の車に同じ性能を期待することは無茶である。自動車の性能ほどお金で差がつくものはない。だが、同じ価格ならトヨタの車があまり興奮させないのは、エンジン性能に対して余裕があるサスとかステアリングをうまく味付けしているからだ。私がマイルドという時はこの余裕を指している。逆に、比較的安いほうの車では性能も妥協しなければならないので、一見して「面白い味」がよく見える。だが、高価なソァラやスープラをスポーツカーとしてみたら、性能レベルが高すぎて日本の道路のスピードではまるでセダンのようにマイルドに見えるものである。あなたが運転していったい何を面白いと期待するか、そこが問題なのだ。


    よく一緒に読まれている記事