中古車 査定


(トップページ) >中古車 査定


だいたい、自動車では「絶対に妥協を許さない車」とメーカーが言ってもそれは気持ちだけである。所詮、自動車の性能はその国の規則と、性能の妥協で縛られているものである。問題は、どのレベルで妥協するかと言うことだろう。ところが結果ではそれが逆になって現われることが多い。つまり、どこまでも妥協を許さないで開発を続けると、出来た製品は「クセ」がとれてしまう。一部の評論家はトヨタの車は平凡な一台に過ぎないと言うが、それは違う。そのいい例は、あのメルセデス・ベンツは普通のメーカーより妥協しない設計とテストをしているから高いという。だから、常人の手では暴けないほど見えないところで性能は高くなっている。さすがにトヨタもセルシオを開発する時に意味が分かったそうだ。では、トヨタの妥協はどの程度だろうか。各メーカーにはそれぞれ製品の機能の要求基準がある。トヨタのそれは国産メーカーの中でも厳しいと他社は評価している。だからこそ、より多くの人が文句を言わない車が沢山出来る仕掛けだ。傾向としては、だれがどんな期待で乗るか分からないセダンでは、徹底的に快適性とイージーな安全サイドの性能を追求する。その結果トヨタ車の乗り味は似たものになってしまう。だが、担当したチーフエンジニアの気質だけでモデルチェンジのたびに豹変するより、次の車を安心して買えるだろう。トヨタでは、かってカローラを後輪駆動から前輪駆動に変えた時、できるだけFF車の短所を出さずに後輪駆動みたいに仕上げるのに時間がかかった。どの車も金太郎飴といわれることこそトヨタの実用車の特徴だ。


    よく一緒に読まれている記事