中古車 bb


(トップページ) >中古車 bb


さて、トヨタ車に限らずドライビング・ポジションをうまく決めるコツは、シートに座ったら、必ずヒップを深く座ることから始まる。ヒップの後ろに手が入る隙間ができるような浅い座り方では車の動きが体感しにくい。この場合、リクラィニングを倒しすぎるとかえって前が見えなくなるし、動きが鈍重になる。ヘッド・レスト(正しい英語は函の且蔚異国目Ⅱ頭の衝撃抑制具)を枕だと勘違いして運転中もアゴを突き出したようにして前を見ているのでは、遠近感が鈍くなるので長時間では疲れる。ドライバーのシートは休む場所ではなく、働くための姿勢が必要なのである。そのためには、自然に背筋を伸ばしていい姿勢を保つのがいいと医学的にも立証されている。シートの前後の位置は、結果的にはペダルとの距離で決まってしまうが、トヨタ車ユーザーの傾向をみると一般的に近すぎる。教習所でクラッチを床一杯まで踏むように教わった後遺症である。クラッチよりもアクセルを楽に踏めるような、もちろんブレーキがひざに余裕をもって踏める位置まで下げていい。これでハンドルの上部を握って肘が伸び切らないような位置がいい。


    よく一緒に読まれている記事