乗ってはいけない修復服車の正しい見分け方


乗ってはいけない修復服車の正しい見分け方

・正面の修復歴には 3ランクある

フロン卜フェンダーインナーダッシュ、ネルカウルトップ(インサイドパネル)、ユラウドパネル、フロントサイドメンバー、フロントクロスメンバー、ラジエーターコアサポート、フロントフェンダーインナー、ダッシュパネル、カウルトップ (インサイドパネル)、フロントサイドメン、フロントクロスメンバーラジエーターコアサポート、ダッシュ、ネルカウルトップ、フロントサイドメンバーラジエーターコアサポート、フロントクロスメン。


衝撃の波及に沿って修復歴を点検するときのチェックポイントは修理跡。

手作業などによる修理は、明らかに新車時の溶接とは異なるので、ほかの部位と見比べながら点検してみましょう。


修理跡チェック3つのポイント

跡、については、基本的な修復は、まずはじめに、パネルとパネルの接続部分にみられている、シーリング跡に着目してみましょう。

シーリングとは、 つながれたパネルとハネルの接続部に充偵する樹脂のこと。