後部の事故は要注意!


後部の事故は要注意!

ひと昔前のトランクパネルは平面状で、車体の上部を開閉する牽が多かったのですが、現在ではトランクルームの出し入れを容易にするために、車種によっては、後部全体を開くタイプなどさまざまです。

開口部が多くなるにつれて、モノコックボディーの強度に与える影響も大きくなるため、トランクパネルには鋼板を使って強度を補強しています。写真のように後部の開口部が広い窓は、事故の衝撃により大きく車が変形していることが考えられるため、

まずはモノコックボディーの構成要素であるエンドパネルを入念に点検してみましょう。

工ンドパネルの確認

後部の外装に事故・修復跡がなかった場合も、トランクパネルを聞けてエンドパネルをチェック。写真は正常なものですが、パネルとパネルの湾曲部がいびつであれば、交換の疑いがあります。

下回りは塗装がポイント

後部の点検では、下回りをのぞき込んでみることも大切です。車の下回りでは、おもに塗装跡に注目してください。正常な塗装はゴツゴツの鮫肌状になっていますが、事故による板金修理を行うと、塗装面はツルツルになっています。

このように、一度でも事故を起こせば、いたるところに修理跡が残るものなのです。

下回りの確認
念のために、下回りも点検しておきましょう。

もし、下回りに事故の痕跡を見つけたら、トランクルームまで事故の衝突が及んだ模様です。

下まわりの塗装跡(正常)下回りの塗装跡(異常)

正常な下回りの塗装です。通常、下回りは吹き付け塗装(アンダーコート)を施しており、全体は鮫肌状になっています。写真のタイヤハウスは、板金跡と肌面の異常がはっきりわかります。