運転がやさしい車


電子制御のサスペンションによって急加速でもボディの姿勢が変わらないので出足の勢いをつかみにくい。高速道路の再加速でもこの傾向があるので踏みすぎないよ澪フに注意したい。トヨタ車のサスペンションが他社のものと大きく違うことはない。あくまでも、既存の技術で最適なものを使っているというのが正しい。サスペンションは、動物の足に相当し、タイヤまで含めないとその効果は分からないが、最大の目的は「快適な乗り心地を得ること」と「道路の凹凸やカーブした時の安定感を得ること」である。そのために、いろいろな方式のメカ’一ズムが使われる訳だが、トヨタは一部の高級車を除き、FF車ではあまり複雑になる構造を採用していない。しかし、豪華車からスポーツカーまでその車の用途や目的に合せて細かく性能を変えている。したがってその「味付け」つまりフィーリングが車の値打ちである。トヨタも、このメリットには研究開発を重ねていたが、翻年に発表したセリ系から実用化している。まだ、その搭戦車は限られるが、室内を広くするためにホィルベースを長くした車には効果が期待できる。言うまでもなく、スポーツカーに採用した場合には、高速で車体が振りだされるために起きる不安定な状態を減らすことができ、より安全で、運転がやさしい車にすることができる。4WD車は全体には重さを感じるが、路面の状況が変わるような直進での安定性は抜群である。コーナーでの安定性はごく自然に曲がり4WDだからという特徴はない。ただし、普通タイヤでの話で、雪道にはそれに適したスタッドレス・タイヤまたはオールウェザー・タイヤを装着する必要がある。なおブレーキにはオプションでABSがつけられ、これは軽逓の車を一人で走らせる時にロックしやすい後輪のブレーキをよく効くように設定できるため、ABSつきのほうが常時バランスのいいブレーキになる傾向がある。

DY009_L